脱毛基礎知識

3つ脱毛脱毛方法の違い

主な脱毛方法は3つです。

 

電気針脱毛、美容電機脱毛、ニードル脱毛、その他独自の名前をつけているところもありますが、毛穴に針をさして電気を流して毛根周囲の組織を破壊するほうほうは、みなニードルだつもうです。

 

医療機関にのみ許されているレーザーを照射して毛根組織を破壊して脱毛するレーザー脱毛、黒いものに吸収されやすい光を当てて毛根組織を破壊して脱毛するのがレーザー脱毛です。

 

IPL脱毛、,S.S.C脱毛、フラッシュ脱毛、その他軸時の名前をつけている光を照射してする脱毛はみな光脱毛です。なかには、光脱毛ではないといっているところもありますが、レーザー以外の光を当てて脱毛する方法は、光をあてるのですから、光脱毛というべきでしょう。

 

光脱毛機と同時に、抑毛効果のあるジェルをつかっているS.S.C脱毛のようなものもありますが、これも基本は光脱毛と考えるべきです。

 

一番脱毛の持続力が高く、確実とされているのは、ニードル脱毛です。レーザー脱毛も医療機関で扱える高出力のものであれば、ほぼ完全に毛根組織を破壊できるので、同様の効果が得られる可能性が高いとされています。医療レーザー脱毛の料金等はこちらで詳細が説明されています。

 

これに対して、質力が弱く広範囲に充てるので、完全に全部の毛根組織を破壊できる確率が低いのが光脱毛です。ただし、完全に破壊されない場合も、毛は細く薄くなっていきますし、回数を繰り返し行う事で、ニードルやレーザーに近い結果を得られる確率が高くなっていきます。

脱毛のタイミング

まず、効果がないという人の中には勘違いしている人もたくさんいます。光やレーザー脱毛の場合、一本づつその場で抜けるニードル脱毛と異なり、時間がたってから抜けてきます。とくに出力が弱く痛みがない光脱毛は、照射部分全部に確実に破壊する力はありませんから、組織が完全に破壊されず、弱くなった毛が生えて来る確率が高いのです。

照射2週間ぐらいまでに抜けてきますが、休眠していた毛も徐々に生えてくるので、1回や2回やったぐらいでは、見た目ではほとんど変わらない程度です。
毛の生えて来るサイクルがあり、3割程度しか常に生えてきていないので、残りの7割には毛がないため、黒いものに光が集まり破壊していく脱毛方法では、休眠している毛穴にはまったくこうかがありません。もちろんこれはニードルでもおなじですが。
光脱毛の効果を感じるには、2ヶ月おきにやった場合、長い人で半年以上効果を実感するまでかかるでしょう。
全身脱毛の場合は、少なくても2年、または3年ぐらい続けてつるつるになるという結果が得られると思います。
そこまでやっても効果が無かったという人は聞いたことがないので、効果がないといっている人は、体験で1回やっただけとかいう人だと思います。

脱毛サロンか脱毛器か

部屋で手軽に脱毛したい方は、脱毛器を使うのがベストです。カートリッジなど備品の購入は必須ですが、エステサロンなどに行くことなく、空き時間に手軽に脱毛可能です。
「脱毛は肌に悪いし値段も高い」というのは過去の話です。最近では、全身脱毛を行うのがめずらしくないほど肌に掛かる負荷もほとんどなく、低価格でやってもらえるところが増えてきました。
現実的に通いやすいエリアにあるのかは、脱毛サロンを選択する時に考えなければいけない点だと断言します。自宅や職場から離れたところにあると、お店を訪問するのが嫌になってしまいます。
毛の性質や量、予算の問題などによって、自分にふさわしい脱毛方法は違って当然です。脱毛するのであれば、エステサロンや自分で処理できる脱毛器をよく比べてから決定することが大切です。
脱毛を済ませるにはおよそ1年強の期間が必要だと考えてください。独り身のときに確実に永久脱毛するというなら、スケジューリングして急いで通い始めなければ間に合わないかもしれません。

 

「ムダ毛の処理=カミソリを使用」なんて時代は終わりを告げたのです。昨今は、日常的に「脱毛専門サロンや脱毛器で脱毛する」女性が急増しています。
余計なムダ毛に苦悩している女の人にぴったりなのが、注目の脱毛エステです。最近のハイテクな脱毛は、肌に齎されるダメージがかなり軽減され、ケア時の痛さも減っています。
VIO脱毛でお手入れすれば、常にデリケートゾーンを衛生的に保つことができるのです。生理日の鼻につく蒸れやニオイなども解消することが可能だと評判になっています。
脱毛サロンを選定するときは、「容易に予約できるかどうか」という点が大切になってきます。突然の日取り変更があっても対応できるよう、パソコンやスマホなどで予約の変更ができるエステを選定した方が良いと思います。
最近人気のVIO脱毛は、完璧に毛なしの状態にしてしまうだけではないのをご存じですか?いろいろな形や量になるよう微調整するなど、自身の理想とする外観を適える脱毛もしてもらうことが可能です。

 

女子だったら、大多数が一度くらいはワキ脱毛を現実的に考慮したことがあるかと思います。ムダ毛のケアをするのは、とても厄介なものですので無理もありません。
ワキ脱毛をやると、毎回のムダ毛の自己処理はしなくてよくなります。ムダ毛剃りで大事な肌が痛手を被ることも全くなくなりますので、ワキの黒ずみも改善されること請け合いです。
Tシャツやノースリーブになる機会が増加する夏の期間は、ムダ毛が目立ちやすい季節と言えます。ワキ脱毛してしまえば、ムダ毛の多さにストレスを感じることなくのびのびと暮らすことができるのです。
VIO脱毛または背中の脱毛となると、自分で使うタイプの脱毛器だとなかなか困難だと言っていいでしょう。「手が届きにくい」とか「鏡をフル活用してもはっきり見えない」ということがあるせいなのです。
家庭用脱毛器であっても、一生懸命にケアすれば、半永久的にムダ毛処理が不要な体を作り上げるのも夢ではありません。たっぷり時間をかけて、辛抱強く続けてほしいです。

脱毛基礎知識記事一覧

光脱毛の効果

黒い色素に集まる光を当てて脱毛する光脱毛は、SSC脱毛、IPL脱毛、フラッシュ脱毛といういい方もあります。これは、光脱毛を開発した者などがつけている名まえなどからきていて、鞘腫する光や、使用するジェルが違ったりします。SSC脱毛は、イタリアで研究開発された美肌効果が期待できる方法で、「スムーススキン...

≫続きを読む

 

脱毛の痛み

「脱毛、痛くてつづかなかった」かつてはそんな人が多かったのが脱毛。ムダ毛がなくなるメリット、悩みの解決を途中であきらめるほどいたものだったわけです。これは、脱毛がニードル脱毛と、レーザー脱毛しかなかったときの話です。ニードルは毛抜きで抜くよりも痛い、かなりの痛みがあり、とくに敏感な部分では、とても耐...

≫続きを読む